>  > ダメだと思ったけど無理じゃなかった

ダメだと思ったけど無理じゃなかった

その日、風俗店ではイベントが開催されていたんですよね。それは3発で指名無料券をもらえると。正直、いくら風俗でも3連発は無理だろうって思っていたんですよ。2発でさえそうそうめったにしない自分にとって、時間の問題ではなく、3発は難しいだろうなと。そう思っていたんですけど、相手の風俗嬢、Oのおかげで無事に3発出してきました。90分。時間にすれば3発が微妙というか、イベントでなければ自分は1発でも十分だろうって思う時間配分。でも彼女の方から「イベント中だから頑張ってね」って励ましてくれたんですよ。そんな風に励まされたらこっちだって頑張りたいって気持ちになるというか。それで見事指名無料券をゲットしました。もちろんその指名券はその日相手をしてくれた彼女にと考えています。そもそも彼女のおかげで取れたんです。彼女以外に使うのはそれこそバチ当たりですよね。そんなことを考えつつ、彼女との満足して風俗店を後にしました。

ボーナスの使い道は「あれ」です

ボーナスの使い道は正直な所、風俗くらいしかないんですよね。もらえるだけありがたいご時世なのでしっかりと貯蓄に励もうかなとも思うんですけど、実際には少しくらいは…って気持ちになるんです。そこで風俗です。さすがに普段は頻繁には利用出来ないので、こういった時くらいは思い切り使いたいなと。それにボーナス時は精神的にも余裕があるんですよ。オプション、指名、時間。いろいろと自分好みに出来るんですよね。普段だとどうしても時間を削ったり、フリーにしたりと節約しなければって気持ちになっちゃんです。でもそれは本当の意味で満喫しているとは言えないんじゃないかなと。だからこそ風俗は思う存分楽しむためにもボーナスの後に楽しむようにしています。そのくらいの頻度の方が常に久しぶりな雰囲気で楽しめるので、案外いろんな楽しみ方があるんですよね。それが自分には一番合ったスタイルなのかなとも思いますし、当分はこのペースで楽しみます。

[ 2016-09-16 ]

カテゴリ: 風俗体験談